スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後のデート③ わかれみち

私が、この箱根旅行で一番行きたかった仙石高原。

ちょうどすすきが見頃で、

夕方に行くと辺り一面

夕日に照らされたすすきが黄金色に輝いて綺麗なんだそうで。



どうしてもその光景が見てみたくって、

大涌谷を足早に後に、駆け足で(っつってもバス移動)仙石高原へ。


辿り着いたのは夕暮れギリギリ前!

到着時には少し夕日に雲がかかっていて
あたりはもう薄暗く、一面のススキも灰色だったのだけど

ススキの草原を歩いているうちに夕日が傾いて、

雲の隙間から零れるオレンジ色の光

あたり一面、キレイなキレイな黄金色のススキの海。

DSC02335.jpg

「今日来て良かった?」
「楽しかった??」


「うん、来て良かったぁ!」

先輩の問いかけが、やけに切なく感じた。

べつにそんな詰まらなさそうにしていたつもりはないのに
とっても楽しかったし先輩にだってそれは伝わっていると思っていたのに

どうしてそんなことを聞くの??

ススキの風に揺れる
さらさら流れる音がやけに優しかった。


マジックアワーは夢のように終わり、

あたりは一転、夕闇に飲み込まれていく。


仙石高原から、箱根湯本までの帰りのバスで
その日の疲れが出たのか私も先輩もぐっすり熟睡。

目が覚めるとちょっとした事件が。。

バスが思いもよらなかった渋滞にはまってしまって、
予定時刻より1時間くらい遅れているのです。

荷物を湯元のコインロッカーに預けていたのですが
そのコインロッカーが7時で閉まってしまうので、
このままずっと渋滞が続くとあきらかに間に合わない!!


それなら次のバス停で降りて歩いたほうが、
ギリギリで間に合うんじゃないかなぁ?って先輩と深刻に相談。。

すると、

「じゃあ俺が行ってくるけん、mieはバス乗っとって」

「えぇ?!いやいや、私も行きますよ?そんな先輩だけ行かせるわけには・・・」

「ブーツなんだけん、歩くの遅いでしょ?」
「まぁ俺だけで大丈夫だけん~」



すごくいたたまれなくって、次のバス停までの道のりはドキドキだった。

結局、そのバス停あたりから車がちょっとずつ進むようになって
先輩も様子見で降りなかったのだけど。

その後すいすいバスは進んで、
ロッカーが閉まる前になんとか荷物回収に成功!!

めでたしめでたし。


だったのだけど。

本当にあの時、先輩がバスから降りて歩いて向かっていたら

私の決意は揺るぎまくって危なかったかもしれない。


そんなことされたら、

そんなに頑張られたら、

振るに振れなくなってたよ。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Motion Calender
プロフィール

*mie*

ファッションブランドコミュニティ「プーペガール」

Author:*mie*
3年と半年ちょっと続いた遠距離恋愛もついに幕引き・・・
これからは新しい恋愛に関してどんどんお惚気ていく予定(笑)



*記事と関係のないコメントは削除させていただく事があります。ご了承くださいm(_ _)m*

ブログランキング

FC2Blog Ranking
人気ブログランキングへ
blogram投票ボタン
*ブログランキング参加中*
よろしくお願いします♪

カウンター
最近のトラックバック
haco*niwa

フリースタイルなヒトのツーハンカタログhaco.no.17

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

goober
ニコット
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。